• もえプロ女子部って?
  • マネージャー
  • コラム
  • もえプロ女子会
  • もえプロ写真館
  • グッズ
コラム
リード文

プ女子問題について~ていうか困った事は大抵、棚橋選手がなんとかしてくれる~

鈴木詩子

2016/10/30

1c4eyl95
お久しぶりです。新日本プロレスにハマって2年目の鈴木詩子です。

最近また、テレビなどでプロレス好きな女子=「プ女子」が取り上げられたりして話題になっていますね。中には勝手なイメージを押し付けられたり、偏見の目で見られてしまい傷ついてしまった女の子もいるのではないでしょうか?

私がプロレスにハマり始めた2015年頭は空前の「プ女子」ブーム真っ盛りで、色々な雑誌やテレビで「プ女子」特集が組まれたりしていたんですね。その最中に私は、もえプロ♡女子部のマネージャーに就任させて頂き、ある雑誌でのプ女子座談会に参加させてもらったり、ラジオ番組でプロレスの話をさせてもらう機会に恵まれたのですが…当然、一部のファンの方に叩かれたんですよね。

生観戦デビューした5日後にラジオ番組でプロレスにいかにハマっているかという話をしたら「何にも分かっていないくせに知ったような口を聞くな」と一部のリスナーから言われ、座談会でプロレスラーさんはかっこいい人ばっかりだという話題になったら「どうせ試合なんてろくに見もしないで、ただ凄い筋肉の男に抱かれる事ばかり考えているんだろ?」と一部の読者から言われてしまい、何か…ただプロレスを好きになって嬉しい気持ちを伝えたいだけなのに、全く伝わらないし…ていうか歪曲して全然違う風に捉えられてしまう感じが悲しくて、よく落ち込んで寝込んだりしていたんですよ(比喩じゃなく本当に!)

そんな時です!なんと、タナポ(棚橋選手のポットキャスト)で「プ女子」問題が取り上げられたんですよ。

「プ女子という言葉は、マスコミが世間に分かりやすく伝える為に使っている言葉でプロレスファン同士で浸透している訳では無いし、人はそういったひとつの言葉でくくられると反発したくなる心理が働いてしまうけど…とにかくみんなはそんな事気にしなくていいから」というような事を言ってくれたんです。棚橋選手の考え方、人間力、試合スタイル(もちろん見た目も腰が抜ける程かっこいいですが♡)に痺れてプロレスにハマった私は、この「気にしなくていい」にめちゃくちゃ救われたんですよね。

さらに「プ女子っていうのはいい言葉なんですよ…なぜなら賛否起こるから」というのを聞いてハッとしたんです。私は「プ女子」って言われる事でプロレスファンとして認めてもらえていないような、何か仲間はずれにされてる感じがして寂しい…嫌だなぁと自分の事ばかり考えていたけど、私も棚橋選手みたいにもっと広い視野で物事を見たい、と。

「プ女子」という存在がプロレスを知るきっかけになったら、それは凄くいい事ですよね。

私は、それから困った事が起きると「こんな時、棚橋選手だったらどうするかな?」と考えるようになったんです。でも私はとっさの出来事に弱く、すぐにフリーズしてしまうので…棚橋選手みたいに瞬時に切り返したり、適切な受け身をとったりする事はまだまだ出来ないけど、毎日地道にメンタルを鍛えて、私も言葉のハイフライフローや状況判断のスリングブレイドを決めたいなって思っているんです。

「プ女子」問題だけじゃなく、生きていたら今後、色んな壁にぶち当たるでしょう。その度に私は棚橋選手の事を考えます。そして棚橋選手の試合や言動から学んだ事を応用すれば大抵の事は乗り越えられるって信じているんですよね。

「プ女子」と言われて、ちょっと嫌な気分になってしまった女の子達! 一緒に1・4東京ドーム大会に行きましょう!!はぁ…いったいどうなっちゃうんでしょう?楽しみですね♡も〜ワクワクが止まらな〜い!!

初心者向けプロレス講座を開催します

清野茂樹

2016/09/14

お久しぶりです。清野茂樹です。

さて、つい先日、放送されたので、ご覧になった方もいるかもしれませんが、日本テレビの番組収録のために関ジャニ∞の丸山隆平さんが両国国技館にいらっしゃいまして、そこで僕、プロレスについて説明する案内役を務めさせていただきました。

試合前に「新日本プロレスがいかに景気良いか」をお話ししたのですが、そのまま丸山さんと一緒に国技館の座席に座って観戦することに。僕は丸山さんの隣で、プロレスのルールやユニットの説明に始まって、選手のキャラクターや得意技などを細かく説明しました。

収録前は「プロレスまったくわかりません!」とおっしゃっていた丸山さん、この日までは、ほとんど選手の名前も知らなかったそうですが、第1試合から順番に観るに従って、どんどん前のめりに。そして、次第に興奮が高まってきたのか、メインイベントの棚橋弘至選手とオカダ・カズチカ選手の試合では声を張り上げて「オカダー!!」「タナハシー!」と絶叫されていました(翌日、関ジャニのコンサートだったのに、あんなに声張り上げて大丈夫でしたでしょうか??)。

ss3_9953

丸山さんのように生で試合を観れば一発でプロレスを好きになることは間違いないのですが、そこからひとつ上の段階、例えば「最近好きになったんだけど、もう少し詳しく知りたい」「昔は観ていたけど、最近のプロレスが全然わからない」という方のために、この度、名古屋で3か月限定の「プロレス講座」を開催することになりました。

10月から12月まで月1回ずつの全3回。女性の方はもちろん、カップルでの参加も大歓迎ですし、男性でも丸山さんのように全く初心者ファンは大歓迎!以下のカリキュラムを読んで興味のある方、ご参加下さい。

丸山さんに説明したのと同じように、懇切丁寧にお話ししますので!!

 

○講座名
初心者のためのプロレス講座

○カリキュラム
第1回 プロレスの基礎知識
プロレスはどんな道を辿ってきたのか、基礎知識と歴史をわかりやすく説明します
第2回 プロレスラーの魅力
プロレスラーとはどんな人たちなのか?棚橋弘至やオカダ・カズチカがどれほど凄いのか解説します。
第3回 プロレスの楽しみ方
生観戦に向けた準備、テーマ曲・マスク・コスチュームなど試合以外の楽しみ方も紹介します。

○持ち物
筆記用具

○ 場所
中日文化センター 名古屋市栄4-1-1中日ビル4F

○ 時間帯
指定土曜日 13:00〜14:00

○ 受講料
7,500円+消費税(3回分)

○ 問い合わせ先
栄中日文化センター 0120-53-8164(受付は10:00〜19:00)

http://www.chunichi-culture.com/programs/program_169217.html

www.facebook.com/chunichi.culture

ケニー・オメガ選手 G1優勝おめでとうございます

蟹めんま

2016/09/05

遅くなってしまいましたが、ケニー・オメガ選手G1優勝本当におめでとうございます。

盟友の技が次々と繰り出され3カウントが入り、ケニーが勝った瞬間は夢を見ているような気持ちになりました。カナダの路上王だったケニーが、2011年の「BEST OF THE SUPER Jr.」のセレモニーで優勝した飯伏選手の横で「俺の相方はスゴイなぁ」という顔をしていたケニーが、新日本プロレスのマットで、両国国技館のど真ん中で、バレットクラブのリーダーとしてG1の優勝セレモニーの主役になった!!もうこのまま映画化してくれと思いました。

ケニーオメガ優勝

私はケニーのファンなので「こうなると思っていた!信じてました!」と書きたいところですが、本当にごめんなさい。完全に予想外でした。いい試合をしてくれることは間違いないと信じていましたが、優勝だなんて。それは「外国人選手が優勝することはないんだろ~な~」という勝手な「空気読み」が私の中にあったからなんですけど。

それに実を言うと、これも失礼極まりないですが、まだあまり好成績をおさめすぎないでほしいとも思っていました。(本当にごめんなさい)新日本プロレスで何かを成し遂げた選手が次の目標へと別の場所に行ってしまう流れが、上半期に相次いでいたからです。(それ自体が悪いことでは決してないのですが)

しかし、その不安をその後のマイクアピールでちゃんと払拭してくれたケニー。マイクアピールのシメの言葉が「日本は俺のホーム。俺はそっち行かない」だなんて。こんな外国人ヒール、アリなんでしょーか?最高だと思いました。一番聞きたかった言葉を、日本の私たちに伝わりやすい言葉で言ってくれてありがとう。私はケニーが好きでいてくれている日本の人間でいられることが嬉しいと思いました。

ここ最近プロレスを見るとき「こうなってほしいという希望はあるけど、そういう空気ではないし現実的じゃないよ~」みたいな「“ちょっと斜にかまえた、冷静なファン”風」の見方をするようになっていた私ですが、これからは流れとか空気とかに囚われず、自分の応援したい、いちばんになってほしい選手を、まっすぐ推していきたいと思いました。

今年も楽しい夏をありがとうございました。来年も期待しまくっています!

G1観戦記 in 両国国技館☆

山内マリコ

2016/08/15

みなさま、こんにちは!
山内マリコでございます~。

去る8月12日(金) G1 CLIMAX 26を観戦しに、生まれてはじめて両国国技館へ行ってきました。

両国っぽさを写真で出したいものの、地上からではあの渋い屋根が写せない! というわけで、とりあえず顔ハメしてみようということに。

ここが両国国技館である証拠写真。
image-0+のコピー (1)

さてさて本日のG1公式戦、Aグループの優勝決定戦進出者が決まる大事なやつです。まずは第5試合、天山広吉選手 VS SANADA選手がすごかった! 天山選手がとにかく大人気で、場内はつねに天山コールの大合唱、そして隙あらば「シュー! シュー!」。そういえばプロレス初観戦した2年前のG1で、はじめてこの「シュー!」を聞いたときは、「なっ、なんだこの音は!?」と驚いたっけ。いまではわたしもこなれた調子で「シューシュー」言ってます☆

image-1+のコピー (1)

何度もフォールされながらカウント2でオリャーと返す天山選手。倒されても倒されても立ち上がる粘り強さに感動が広がり、天山コールで両国が揺れてました! しかしSANADAは強かった。強かったっていうか、見た感じがもうめっちゃ強そうである。

これが最後のG1となった天山選手。残念ながら負けてしまったけれど、この日いちばんの歓声を浴びてました。試合終了後、東西南北すべての客席に向かって礼をする姿には、わたしも心の中で思わず男泣き…。天山選手、インタビューでよく「なんでこんなに声援くるのかわかんない」みたいなことを言って、ご自分の人気ぶりに首を傾げておられるのですが、愛される理由は、礼儀正しいからではないかとマリコは思います!(検索すると、「天山広吉 いい人」って出た)

そしてそして、本日のメインイベント、棚橋弘至選手 VS オカダ・カズチカ選手! リング上にこの2人がそろうと、なんていうか、ありがたみが凄い。「嗚呼、いまとてもありがたいものを見ているわ」と、手を合わせたくなる気分になります。

image-4+のコピー

image-5+のコピー

互いに5勝3敗で、どちらか勝った方が優勝決定進出という超大事な一戦。立ち上がりは様子見するようなコミカルな張り手をしていたのに、いつの間にかリングの外で大荒れしてて、なんだか剣呑な雰囲気です…。

とにかく素早い技の応酬で、互角。技の名前もろくに知らない相変わらずにわかファンなわたくしですが、そんな素人目にもわかる、棚橋選手&オカダ選手の、溢れるほどのプロレスセンス! 考えるより先に体が動いている感じで、闘ってるのに呼吸がピタリと合っている。しかも2人とも動きが派手! あと体が肉厚!! 2階席からでもわかる、つや光りした肉体美…!!! 嗚呼、わたしはいま、ありがたいものを見ているよ…。

image-6+のコピー

この試合、なんと30分時間切れの引き分けという結果に。そして場内には、「Aブロック決勝進出は、後藤洋央紀選手に決定しました」のアナウンス…! ズゴ―ッ!!! 第8試合で丸藤正道選手に勝った後藤選手、たしかに素晴らしかった…けれど、あまりの死闘のあとにしれっと決勝進出って感じだったので、ちょっと笑ってしまいました。

ということで G1 CLIMAX 26の決勝は、後藤洋央紀選手 VS ケニー・オメガ選手に! 巻き起こせ、後藤革命☆
(と書いた直後に、優勝決定戦を観に行っていた友達から、ケニー優勝の知らせが。しゅん…)

追伸。本日の内藤哲也選手。
image-2+のコピー (1)
image-3+のコピー (1)
わ、悪いで!

初めまして!

田口華

2016/07/07

全国1000万人のプロレスファンの皆様!
そしてもえプロ女子部のブログを楽しみにしていらっしゃる皆様!
こんにちは!浅草レヴュー虎姫一座の研究生「はな」こと田口華です。

小学6年生の春より、父親からの影響で?
ゴリゴリの新日本プロレス(特にCHAOS)ファンの高校2年生です。

現在は顧問の清野茂樹アナウンサーと新日本プロレスの公式情報番組「NJPW INVITATION」にアシスタントとして出演させていただいております。

S__113590280

私はプロレスの素晴らしさは「受けの美学」
そしてそこから生まれる最高のエンターテインメントショーだと思っています♡

これを語りだしたら長くなっちゃうぞ…

プロレスの見方は千差万別、十人十色。
こう観ないといけない!ってルールは何も無しです。

ただ、プロレスを観ると「人生豊かになる!」ってことは保障します(笑)
ここをこう観ろ!と言う押しつけは良くないですが…
ここをこう観たらより一層楽しくなるんじゃないかな?と提案の様な番組を清野顧問とやっていきたいと思います。

私は仕事上たくさんのプロレスラーの方とお話する機会を与えていただいております♡

羨ましいですか?(笑)

機会がございましたら、このレスラーは本当はこんな人ですってことを語れる範囲でお教えしますね(笑)

7月7日(木)発売のヤングジャンプで実はめっちゃ真面目。いや、とっても真面目な田口隆祐選手と対談させていただいております。

よろしかったらぜひチェックしてみて下さいm(_ _)m

PS.誰です?
私が棚橋選手の愛犬と同じ名前って言ったの。。。笑

協力:新日本プロレスリング
Courtesied by New Japan Pro-Wrestling